オールインワンゲル おすすめ

オールインワンゲルを使うなら40代からがベスト?

オールインワンゲルが最近脚光を浴びていますが、どの年齢層に人気なのでしょうか?
商品によってまちまちというところですが、40代以上の女性に向けての商品が増えてきている印象です。
なぜ40代以上の女性がターゲットなのでしょうか??

 

オールインワンゲルが40代以上の女性にバッチリな2つのポイントとは?

 

スキンケアで使うものが多くなってくるため

 

40代の女性の肌の悩みは色々つきませんよね。

 

30代の頃は、化粧でごまかせていた部分もだんだんとごまかしきれなくなってきて、きちんとケアをしないとお肌の調子も悪くなってきます。

 

そのため、スキンケアに対して使用するコスメの種類やケアが増えてくる傾向にあります。

 

そこでオールインワンゲルで一度ですべてを賄うことができれば時短にも繋がりますので、化粧の時間は20代30代の頃と同じで

 

スキンケアの質を上げることで、お肌の力をキープすることができるのです。

 

不適切なスキンケアを防止できる

 

上のポイントでもお伝えしましたが、必要なスキンケアが増えてきます。

 

気になることで必要以上にケアをしてしまっている方が非常に多いため、不適切なスキンケアになっている場合が多いのです。

 

では、スキンケアにとって不適切なケアとはいったいどういう者なのでしょうか?

 

洗いすぎ!

 

化粧を落として洗顔をしてというケアの中で必要以上に顔を洗いすぎてしまう場合があります。

 

なぜ洗いすぎてしまうとお肌に悪いのかというと「ターンオーバー」が関係しています。

 

ターンオーバーという言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、お肌の細胞の新陳代謝のことを表します。

 

お肌は@基底層 A表皮 B角質層と三つに分かれています。

 

基底層で新しい肌細胞が生まれて、表皮細胞が押し上げられ寿命を迎えた細胞が角質層になっていきます。

 

この基底層から角質層に入れ替わるまでをターンオーバーと言っておおよそ28日のサイクルで回っています。

 

もし洗いすぎてしまうとこの角質層を必要以上に洗い落としてしまい、生まれたばかりの表皮が守られないようになります。

 

守られないとどんどん水分が抜けてしまい、乾燥肌へとつながってしまいます。

 

こすりすぎ!

 

お肌の皮膚の薄さってどの程度だと思いますか?

 

何とその厚みはティッシュ一枚分程度といわれています。

 

その薄い皮膚を必要以上にこすってしまうとどうなるか想像つきますよね??

 

そう、すぐに傷んでしまうのです。

 

洗いすぎたお肌で乾燥してしまい、カバーしようと思って、スキンケアコスメをたくさん塗る過程で

 

お肌をこすりすぎてしまい、より悪いカサカサスパイラルへと嵌ってしまうのです・・・。

 

保湿しすぎ!

 

かなり悪いカサカサスパイラルにはまってしまって、「これは保湿ができていないからに違いない!」

 

と過剰に保湿してしまうのも考え物です。

 

一般的に保湿クリームは化粧水などの水分をお肌に維持させるために油分で蓋をすることで保湿をしている場合が多いのです。

 

となると、保湿を過剰にしてしまうことでお肌が呼吸しにくい状態になりますし、かなり一生懸命洗顔をしないと油分が落ちない

 

という状況にもつながります。

 

そうです。これもまた他の不適切なスキンケアへと繋がる可能性があるのです。

 

不適切なスキンケア@洗いすぎ A擦りすぎ B保湿しすぎ の三つ心あたりはありましたか??

 

このような通常のスキンケアでは過剰で不適切なスキンケアに繋がる可能性もありますが

 

オールインワンゲルを使用すれば、スキンケアにかかる時間が少なると同時にスキンケアのやり過ぎを防ぐことができます。

 

 

 

オールインワンゲルは一般的に通常のスキンケアよりも保湿力が弱いなどのマイナスイメージがある商品です。

 

確かにきちんとスキンケアにお金や時間がとれて、完璧なスキンケアができる方にとっては効果の薄いものとなりますが

 

お金と時間を節約しながら、気軽にやりすぎないスキンケアをしたい方

 

にとってはベストな選択肢となります。

 

もし今までオールインワンゲルに抵抗があった方は一度試してみると良いのではないでしょうか??