オールインワンゲル おすすめ

保湿クリームを敏感肌の方が使うときに気を付けるポイント

敏感肌の人は、合わない保湿クリームを使うと、逆に乾燥がひどくなったり、お肌が荒れてしまったりと

 

色々なお肌トラブルに悩んでおられると思います。

 

敏感肌の方はどんなクリームが良いのか?選ぶ際に気を付けるポイントをまとめました。

 

シンプルスキンケアがおすすめ!

 

ほとんどの方が基本と思われている

 

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム

 

というステップですが、多くの場合このステップがトラブルを招いているケースが多いです。

 

トラブルの原因は大きく分けて3つあって、洗いすぎ、擦りすぎ、保湿しすぎによるものです。
⇒三つのトラブルを招く「すぎ」について詳しくはこちら

 

この三つの「すぎ」を防ぐためにも、なるべくシンプルなスキンケアを心がけると敏感肌の方には良いようです。

 

オールインワンゲルは一つで化粧水からクリームまでカバーできるスキンケアコスメなので、完璧なスキンケアを求める方には

 

少し物足りないかもしれませんが、シンプルスキンケアで、トラブルを回避したい方には最適ですね。

 

スキンケアコスメもシンプルなものを!

 

スキンケアコスメもたくさん種類がありますが、なるべくシンプルな成分のものを使用した方が良いようです。

 

シンプルだと効き目が心配・・・。という方もおられるかもしれませんが、シンプル=安物ということではありません。

 

逆に安いもののほうが、保湿をするために色々肌にあまりよくない成分を含んでいることも多々あります。

 

では高価なものが良いのか?と言われると一概にそうとは言えません。

 

肌には悪くはありませんが、敏感肌の方には相性の悪い成分が配合されている場合がありますので

 

値段ではなく、どのような成分が含まれているのか?に注目して選ぶと良い場合が多いです。

 

具体的には、敏感肌の方は保湿剤による油分との相性が悪い方が多いので

 

私は、「水溶性」で保湿できるクリームをおすすめしています
代表的な水溶性のお肌に潤いをもたらす成分はこのようなものです。

 

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン/エラスチン
  • グリセリン
  • プロピレングリコール(PG)
  • ブチレングリコール(BG)
  • NMF(天然保湿因子)に含まれる成分

 

このうちグリセリン、PG、BGは多くのクリームに配合されているのですが、おすすめとしては

 

ヒアルロン酸とコラーゲンを多く含んだようなクリームがおすすめです。

 

潤すだけでなくキープすることが重要!

 

多くの方が勘違いされていますが、保湿=水分を与えるということでは全くありません。

 

保湿というのは水分をキープさせることにあります。

 

なので、水分を補給するだけでは片手落ちで、きちんと水分を与えるのと同時に水分をキープさせてあげる必要があります。

 

そこで一般的には保湿剤を塗るというステップがありますが、前述のとおり保湿剤は油分が多く相性が悪い方もおられます。

 

イオナRエモリエントクリームはコンドロイチンを配合させることでこのキープという問題と油分との相性問題を解決しています。

 

コンドロイチンが先ほど説明した水溶性のうるおい成分のコラーゲンとしっかり結びつきながら、コンドロイチン自体が

 

とても高い保水性を持っていますので、肌にがっちりと水分をキープしてくれる効果があります。

 

コンドロイチンは人の体の間接に含まれる成分でもありますので、もちろん肌への刺激もとても少ないです。

 

⇒エモリエントクリームの効果って?

 

 

 

敏感肌の方は以上の三つ

 

  1. シンプルスキンケア
  2.  

  3. シンプルな成分
  4.  

  5. 優しい成分で水分をキープ

 

を心がけていただくと、トラブルが少ない綺麗な素肌へと近づくことができますよ!